環境負荷の少ない運輸事業を目指しませんか~グリーン経営認証取得講習会を開催します~|国土交通省 東北運輸局

 2050 カーボンニュートラルの実現に向け、環境保全活動が注目されている中、国土交通省では、グリーン経営(環境負荷の少ない事業運営)の認証取得を推進しています。

 今般、下記の通り、東北運輸局管内の運輸事業者を対象とした「グリーン経営認証取得講習会」を開催します。

 講習会では、グリーン経営認証の具体的な取得方法をご説明します。

★★★グリーン経営認証の取得による効果(取得2 年後)★★★

・トラック・バス・タクシー事業で燃費 1.6~3.2%向上
・旅客船・内航海運・港湾運送・倉庫事業でCO2 排出原単位 1.3~11.0%低減
・交通事故件数、車両故障件数の減少等の効果あり

 

対象・日時

トラック・バス・タクシー事業関係
令和5年2月15 日(水) 9:30 ~ 12:00

開催形式

Microsoft Teams を使用したWeb 形式

参加定員

30名までとさせていただきます。参加費は無料です。

参加申込方法

グリーン経営認証取得講習会参加申込書(Wordファイル)をダウンロードし、必要事項を入力のうえ、書面記載のメールアドレス宛に送信してください。

締め切り

令和5年2月2日(木)(申込先着順、定員になり次第締切ります)

お問い合わせ先

国土交通省 東北運輸局 交通政策部 環境・物流課 電話:022-791-7508

 

運輸総合研究所「研究報告会 2022年度冬(第52回)」開催(オンライン配信)のご案内|運輸総合研究所

 一般財団法人運輸総合研究所では、会場及びオンラインで、交通運輸・観光に関するセミナー等を開催しています。

 このたび、下記にて「研究報告会 2022年度冬(第52回)」が開催されますのでご案内いたします。


セミナータイトル

研究報告会 2022年度冬(第52回)

日時

2023/1/26(木)14:00~17:20【1日目】
2023/1/30(月)13:30~16:40【2日目】

会場

一般財団法人運輸総合研究所(東京都港区虎ノ門3丁目18番19号 UD神谷町ビル3F)
または、Zoomウェビナーによるオンライン配信

内容

【1日目】

報告1「観光DMOの取組み及びガバナンス構造に関する分析~滞在型観光の推進に向けて~」
報告2「欧州の交通運輸分野のカーボンニュートラル政策の調査研究(共同研究)の中間報告 ~陸上交通の脱炭素政策の全体像と具体的施策~」

【2日目】

報告1「地域鉄道の経営のあり方に関する予備的考察」
報告2「コロナ禍がASEAN大都市の鉄道に及ぼす影響」

参加申し込み方法

参加(会場参加・オンライン参加)のお申込み及びセミナーの詳細は下記リンク先をご確認ください。

「田舎館村原油価格・物価高騰対策緊急支援金」のお知らせ|田舎館村

 田舎館村では、急激な原油価格・物価高騰の影響を受ける中小企業者及び個人事業者に対し、今後の事業の継続を支援するため支援金を支給します。

支援金の額

法人 10万円
個人 5万円

申請期間

令和4年10月20日(木)~令和4年11月30日(水)厳守

申請方法等詳しくは下記リンク先をご確認ください。

お問合せ先

田舎館村 企画観光課 商工観光係 電話:0172-58-2111

電子マニフェスト導入実務説明会(Web説明会)のご案内|日本産業廃棄物処理振興センター

 公益財団法人日本産業廃棄物処理振興センターでは、電子マニフェストをまだ導入されていない排出事業者、処理業者、建設業者等を対象にした電子マニフェスト導入実務説明会(Web説明会)を開催しています。

 『電子マニフェストがどのようなものか知りたい』、『これから電子マニフェストを利用したい』等、電子マニフェストの導入をご検討されている事業者様は、ぜひ参加ください。

 Webでの説明会実施となっておりますので、日程、参加方法等詳しくは下記リンク先をご確認ください。

『福島、その先の環境へ。』対話フォーラム開催のご案内|環境省

 環境省では、福島県内除去土壌等の県外最終処分の実現に向けた理解醸成活動の一環として、除去土壌等の減容・再生利用の必要性・安全性等に関する対話集会を香川県高松市で開催することといたしました。

 福島第一原子力発電所事故後の除染で発生した「除去土壌」の福島県外最終処分に向けて、一緒に考えていく機会となります。

 会場参加の他、オンライン参加も可能となっておりますので、ぜひ、ご参加いただきますようよろしくお願いいたします。


【対話フォーラム詳細】

開催日時

令和4年10月29日(土)14:00~16:00(予定)

開催場所

香川国際会議場及びオンライン(香川県高松市サンポート2-1 高松シンボルタワー タワー棟6F)

主催

環境省

定員

会場参加(定員100名)
オンライン参加(定員1,000名程度)

参加費

無料

【参加申込】

 次の応募フォームより、「会場参加」又は「オンライン参加」のどちらかを選択いただいた上で、必要事項を入力いただき、お申し込みください。

<応募フォーム>

会場参加:https://www.tk-fukushimaforum.com/entry_form/

オンライン参加:https://www.tk-fukushimaforum.com/online_form/

<申込締切>

会場参加 令和4年10月28日(金)18:00
オンライン参加(コメント投稿可)令和4年10月29日(土)11:59

 

【ライブ配信URL(視聴のみ)】

 本フォーラムはYouTubeにて、当日ライブ配信いたします。
YouTubeでの視聴のみの場合、参加申込みは不要ですが、コメント投稿はできませんので、予め御了承ください。

<視聴用URL> https://youtu.be/RCaO4HdepTg

令和4年度 二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金 (低炭素型ディーゼルトラック普及加速化事業)の申請台数の変更のご案内~1 事業者4台から10台に変更~|環境優良車普及機構

 令和4年度 二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金「低炭素型ディーゼルトラック等普及加速化事業」については、現在1事業者様あたりの申請台数を、「1事業者4台」として受付を行っているところですが、効果的に二酸化炭素の排出削減を図るため、「1事業者10台(リースにあっては貸渡先事業者)」に変更されることとなりましたのでお知らせいたします。

 令和4年10月17日(月)申請受付分からの実施となります。

 詳しくは下記リンク先をご確認ください。

お問合せ先

一般財団法人環境優良車普及機構
補助事業執行部 低炭素型ディーゼル車普及事業
電話:03-5341-4577


関連記事

令和4年度トラック輸送における省エネ化推進事業~車両動態管理システム等の導入補助を追加募集します!|国土交通省

 トラック事業者と荷主が連携して物流全体の効率化を図ることで、トラック輸送の省エネ化を推進するため、トラック事業者に対して、車両動態管理システム等の導入を支援します(資源エネルギー庁連携事業)。

 1次公募、2次公募は既に終了しており、追加で3次公募を10月28日(金)から開始します


 運輸部門におけるエネルギー消費量の約4割を占めるトラック輸送において、省エネの取組を行うことは重要となっています。

 しかし、トラック事業者が単独で当該取組を行うには限界があるため、トラック事業者と荷主等が連携して物流全体の効率化を図り、省エネ化を推進していく必要があります。

 そこで、「トラック輸送の省エネ化推進事業」を実施し、トラック輸送における省エネ化を推進して参ります。
                                  
1.事業内容

 トラック事業者と荷主等との連携を要件に、車両動態管理システム等の導入に要する経費の一部を補助し、当該システムの活用による輸送の効率化を実証する事業です。

※ 補助事業の執行団体
 パシフィックコンサルタンツ株式会社
 パシフィックリプロサービス株式会社

2.申請受付期間

3次公募:令和4年10月28日(金)10:00 ~ 11月7日(月)16:00

※ 補助事業ホームページから申請書類をダウンロードし、申請期間中にアップロードすること。

3.その他

 詳細は、陸上輸送省エネ推進事業事務局(パシフィックコンサルタンツ株式会社及びパシフィックリプロサービスの共同事業)のホームページをご覧ください。
https://www.pacific-hojo.jp/


関連記事

10月は「不正軽油撲滅強化月間」です|青森県税務課

 不正軽油は、県の税金である軽油引取税が課せられていない灯油や重油を混和したり、これらを軽油に混ぜて自動車等の燃料として使用・販売されています。

 不正軽油の製造・販売・使用は、軽油引取税の脱税にとどまらず、大気汚染等環境や県民の健康にも重大な影響を与える反社会的な行為です

 この不正軽油を追放するため、青森県では「不正軽油110番」を開設しています。

○ 不審な施設にタンクローリーが頻繁に出入りしている
○ 安い軽油を売り込みにきた。
○ 自動車の燃料に灯油や重油を使用している。

 などの不正軽油の製造、販売及び使用等に関する情報がありましたら、青森県不正軽油110番までお寄せください。

青森県不正軽油110番
TEL 017-734-9066(ダイヤルイン)
(青森県総務部税務課指導グループ)

10月は『スマートムーブ通勤月間』です~令和4年度参加事業所募集中|青森県環境政策課

 青森県環境政策課より、「スマートムーブ通勤月間」への参加登録についてのご案内です。

 公共交通機関や徒歩・自転車での通勤、マイカー通勤ではエコドライブを実践し、ご参加ください。優れた取り組みを行った事業所には「スマートムーブ通勤アワード」としての表彰もございます。


 青森県では、地球温暖化対策における自動車からの二酸化炭素排出量の削減に向けて、平成29年度から「スマートムーブ(エコで賢い移動)」をキーワードとして「スマートムーブ通勤月間」を実施し、県民・事業者に対するエコドライブとノーマイカーの一体的な
実践促進を呼びかけているところです。

 今年度も、下記のとおり10月を「スマートムーブ通勤月間」と設定し、県下一斉で環境に優しい通勤に取り組むこととしました。

 また、スマートムーブ通勤月間の実施に当たっては、優れた取組の事業所を表彰する「スマートムーブ通勤アワード」を実施いたします。

○実施期間

令和4年10月1日(土)~令和4年10月31日(月)

○実施地域

県内全域

○参加対象

スマートムーブ通勤月間の趣旨に賛同する県内の事業所(部署等の単位も可)

 

スマートムーブ通勤月間への参加ご予定の場合は、9月28日(水)までに参加登録をお願いいたします。
参加登録方法など詳しくは下記リンク先をご覧ください。

リサイクル産業支援セミナー開催のご案内(参加無料)|青森県環境政策課

 循環型社会を形成していくためには、廃棄物の適正処理と資源の循環利用を一体的に推進していく必要があります。

 青森県では、平成17年4月に「青森県リサイクル製品認定制度」を創設し、リサイクル産業の育成・振興に取り組んでいるところですが、この度、県内のリサイクル産業とプラスチック資源循環の一層の発展を目指して、「リサイクル産業支援セミナー」を開催します。

 

日時・場所

【日時】令和4年11月7日(月)13:30~15:35(開場13:00)
【会場】ウェディングプラザアラスカ 4階「ダイヤモンド」(青森市新町1-11-22)

会場参加のほか、Zoomによるライブ配信、YouTube後日配信も行います。いずれも事前申込が必要です。

 

内容

◆ 講演
「資源循環技術開発のこれから」
講師:国立大学法人弘前大学 地域戦略研究所 新エネルギー研究部門 准教授 吉田 曉弘 氏

◆ 県内企業の取組
「廃棄物を原料としたメタン発酵 バイオガスエネルギーとわだ(B-GET)」
講師:県南環境保全センター株式会社 業務本部 次長 今泉 慎吾 氏

 

セミナー詳細、お申し込みなどは下記リンク先をご確認ください。

 

お問い合わせ先

青森県環境生活部 環境政策課 循環型社会推進グループ
電話:017-734-9249