交通事故防止対策の徹底について

 県内において10月29日から11月1日の間、に本県事業所のトラックによる交通死亡事故が2件発生しました。

発生日時発生場所概要
2021年10月29日
AM5:20頃
五所川原市準中型トラックが五所川原市からつがる市方向へ進行中、路上に立っていた高齢歩行者に衝突し死亡させた。
2021年11月1日
PM2:55頃
青森市大型トラツクが信号機のある十字路交差点を左折する際に、横断中の高齢自転車利用者に接触し死亡させた。

 この2件2名の死亡事故により、令和3年における死者数は3件3名で、前年の発生件数と同数になり、極めて憂慮される状況になりました。

 過去6年間(平成28年1月~令和3年10月末)に発生した、本県事業所のトラックが第一当事者となった交通死亡事故を見ましても

◎ 死者22名中夜間発生の死者は20名(90%)
◎ 死者22名中歩行者及び自転車利用者の死者は15名(68%)

であり、夜間の発生率並びに対歩行者・自転車利用者の割合が極めて高いと言えます。

 会員の皆様には、このような特徴を踏まえた運行管理を適切に行い、下記事項につきまして運転者に再度徹底して下さるようお願い申し上げます。

■ 確実な点呼の実施(健康チェック、アルコールチェックの徹底)

■ 運転者に対する交通事故防止対策の指導徹底

・ヘッドライトの上向き、下向きのこまめな切り替えによる歩行者、自転車利用者等の早期発見
・交差点右左折時における歩行者等の安全確認と動静注視の徹底

■ 信号機のない横断歩道における歩行者優先の徹底

■ 運転中のスマートホン、携帯電話等の使用禁止

2021年11月15日 | カテゴリー : 交通安全 | 投稿者 : admin